« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2008

Monday, 31 March 2008

「わ」「ん」椀

08033101 扱いが大変そうだなぁっと思うモノのひとつに漆器があります。先日頂戴しました木曽漆器碗の取扱書、注意書きをよく読めば、愛着を持って扱えばなんてことは無いことばかりです。七代目ちきりや万右衛門曰く“毎日使うことが漆器の良さを引き出すことにつながる”とのこと。やはり、毎日使うものだからこそ、大切につくられた心に響くモノで暮らしたいですね。

| | Comments (0)

Wednesday, 26 March 2008

「ろ」 LAURYN HILL

08032501 春だからといって、君の瞳に恋なんかはしていませんが!?これ聞きながら、春に包まれるような時間も、暮らしには必要です、時々は・・・。

Lauryn Hill
「THE MISEDUCATION OF LAURYN HILL」
※試聴できます

| | Comments (0)

Saturday, 22 March 2008

「れ」レシピ

08032201 それとアレでこれが出来るってことは、暮らしの中でぼんやりとわかっています。でも、いざって時にはちょっと困ったりなんかもします。そんな時はちょっと開いたり調べたり。指導というか暖かく手引いてくれたりみたいな感じです。それぞれにお人柄みたいなものがありますので、どうぞ大好きな方のもので導いてもらってください。

5個いただいたので3個はそのままで食し、残り2個をつかって。何も考えることは無く、コトコトする鍋を唯眺め、部屋中に漂う香りに・・・あぁビールススムっ!?

| | Comments (2)

Thursday, 20 March 2008

「る」ルール

girl     「ばぁば、なんでここにお金いれんのぉ???」
       訳:おばあちゃん、どうしてレジ袋代をこの箱に入れないのですか?
grandma  「シィィィっ、大きな声で言わんのっ!!!」
       訳:黙っていればわからないからいいのです、黙っていてください。

08032001_2 先日、レジ袋有料(任意で3円を箱に入れます)のスーパーにて、自分の買ったモノをマイバックにパックしながら、聞くとも無し見るとも無し・・・。キラキラした女の子の瞳がおばあちゃんには見えなかったようで残念です・・・。暮らしのルールと言うよりは、意識の問題でしょうか。何も特別なことは願いません。女の子が大きくなったその時も、緑多く空気の美味しいこの街であってほしいです。

以前勤めていた事務所の社長が東京より仕入れたこちらがマイバック。当時はこれを提げて買い物に行くと、レジの人はマイバックだとは思わず、中身が空っぽのこれのバーコードを頻りに探していました・・・。

| | Comments (0)

小さい春

08032002 土筆好きの友達の暮らしにも春が来ていました。彼女がつくった春がケータイに届きました。皆さんにもお裾分けっ、どうぞ!!

| | Comments (0)

Wednesday, 19 March 2008

「り」リラックス

08031901 暮らしのリラックスって、ひとときや一箇所、ひとつに限らず色々な時や場所、モノがあります。そのうちのひとつに書店があります。その証拠に、家で本を読んでも何とも無いのが、お店で本を物色しだすと必ずお手洗いに行きたくなります・・・。すべての本が自分のモノにでもなったかのような満足感にほぐされているのでしょうか・・・。本のインクに嗅覚が刺激されてって説も考えましたが、そんな感覚や脳の仕組みはちょっと困った感じですし・・・。期末でお忙しい皆さんも、くつろぎ、ほぐれていますかっ!!

すっきりしない今日はこちらの一冊で、くつろぎほぐれています。この時期にいいのかっ!?いぇいぇどうぞお気になさらず、机にむかえば、ほぐれたモノもすぐに絡まりますので・・・。

| | Comments (0)

Monday, 17 March 2008

「ら」落葉樹

08031701砂混じりとは言え暮らしの香りもいよいよです、ちいさな庭にも春「ら」い襲(来襲)!?こちら、待ってましたとばかりに、初夏の涼やかできれいな緑、新緑への準備といったところでしょうか。自然のモノは、様子見みたいなようなことはしません、そのまんまなのです。とてもわかりやすいと言うことです。

エゴノキ(styrax japonica)・・・エゴノキ科の落葉小高木。北海道から九州・沖縄まで日本全国の雑木林に多く見られる。
※フリー百貨辞典「ウィキペディア(Wikipedia)」より

| | Comments (0)

Friday, 14 March 2008

「よ」寄り合い

・・・相談の為の集まり。 ※三省堂新明解国語辞典より
今日は、暮らしの寄り合いです。

地産地消も大切に織り込んだお献立で、庵治の鯛。アジのタイって、響きがオヤジっぽいですが・・・苺のソースで口の中は春です。
08031405

鶏肉の傍らの椎茸やラディシュも、充分メインを務められそうです。この他にお料理二皿にパンです。心配せずとも蛙はありませんでした・・・。
08031406

ひと通りいただけばフロマージュ。ヤギだの水牛だの、寄り合いともなれば合う口合わない口が、あぁでも無いこぅでも無いっと賑やかです。08031403 

そうこうしていれば、たまご登場。
春もやってきて、復活祭なんかも近いからでしょうか。あっ、本当のたまごじゃないですよ、あしからず・・・。この後もう一皿ありました、珈琲と一緒に。
C'etait bon  merci beaucouq !!
08031401_2 08031402

あっ、寄り合いの内容?もちろん「よ」談(余談)で御開きでした。本題は次の寄り合いで。んっいや、本題の相談って・・・!?まっ、そんなものなのです、寄り合いって。

<shop data>
TOMOSHIRO INOUE
●レストラン・トモシロイノウエ 〒761-8031香川県高松市郷東町784-5 phone:087(816)7777

| | Comments (0)

Thursday, 13 March 2008

「ゆ」湯

神がかりなことを特に崇拝しているわけではありませんが、奈良のお水取りって、ほんとすご過ぎてたまりません。だって、絶対春を呼んできますよね。

08031301_2 さぁさぁ暮らしに春が訪れ、暖かくなってきました。でもこれ、お湯って必須ですよね。夏でも、これの無い暮らしは考えられません。今は、蛇口を開けると41℃だって38℃だって使い放題です。ものすごいことが当たり前の暮らしです。幼少の頃、風呂のボイラー点火で上着の袖口と前髪を焦がしたことが嘘のようです。やさしく温かい毎日の暮らしに感謝です。やさしさボケや温かさボケで、暮らしの大切なモノを見失なわないようにとも思います・・・。今日の写真、お湯とは関係ありませんが、先日先輩からいただきました。所謂、こちらのくいしんぼ加減がよくお判りな「くいしんぼセット」。やさしくて温かいってとこはつながってますよね。あっ、奥にぼんやり見えるのベリーソースじゃないですよ、「teriyaki」だって、うっしっしっっ!!

| | Comments (0)

Saturday, 08 March 2008

「や」野菜

最近、値上げと言った文字を新聞で見ない日はありませんね。今日は大きく小麦粉のことでしたね。「や」む(已む)無いと言えばそうなのですが・・・。当然暮らしの食卓にも「や」んわりと、でも確実に直撃!?といったところでしょうか。ってことで植えて備えておきました・・・。

0803080108030802

レタスもナッツ味だったりマスタード味だったり、確かに目を閉じて噛めば、ふむふむっ。それに常備菜のミントやイタリアンパセリ、クレスにセージ。バジルは種を蒔いて備えました。あとは、ラディシュぐらいがあれば何となく凌げるでしょうか。かかってこい、値上げっ!!切実なこの気持ち、どうせなら、まぁ楽しく乗り切りたいですし・・・。

| | Comments (2)

Thursday, 06 March 2008

「も」最中

暮らしの言葉って難しいですね。
最中をはさんでいる最中・・・!?モナカヲハサンデイルサイチュウ・・・。
08030601_2

最中を食べようとしている最中・・・!?モナカヲタベヨウトシテイルサナカ・・・。
08030602_3  

| | Comments (0)

Wednesday, 05 March 2008

「め」めじるし

08030501 毎日の暮らし、どうかなぁ?そうかなぁ?なんてことはありませんか。このシート見かけたら、そぅです。どうぞお声がけくださいね。

| | Comments (0)

Tuesday, 04 March 2008

「む」むすび

皆さんの暮らしの中のむすびって何ですか。結ぶこと、結び目?締めくくること、最後?合併集合?いえいぇ、これですよねっ。握り固めた飯、むすび飯。“御”をつけた人の気持ちがすごくわかります。3階で踊って1階で小さなこれを食べたあなたは同年代!?
08030401
08030402
あっっ!?どっちもむすんでますが、にぎってもいます・・・。この際どっちもありです!!
ところで、何を一緒にむすんだのがお好きですか。もちろん簡単旨いのこれが定番です。でも時々チーズ&おかか。「むむっ!?」って思っている間にむすんで、むすんで。

| | Comments (0)

Monday, 03 March 2008

「み」耳

08030301 音のある暮らしを楽しんでいますか。何も特別な音楽を聴くわけではなく、所謂生活の音。鳥の声、台所の鍋のコトコト音、登下校中の小学生の笑い声、郵便配達のバイクの音。夜中の静けさだって聞えない音のひとつのように思えます。こう言った楽しい音を、最近溢れかえる聞くに堪えない音にかき消されないよう、大事に楽しみたいものですね。

車の運転中でも出来るほど耳掃除が大好きな社長の耳。よく聞えるはずなのですが、仕事が終わればお願いごとと言うジャンルの音だけどうも聞えないようです・・・。




08030302 ちなみにこっちの毛むくじゃらのタレ耳、人間には小さくカサカサっとしか聞えないおやつ袋の音、どれだけ疲れて爆睡中でも聞き逃したことはありません。この耳にはこの音どういったように聞こえているのでしょうか・・・。

| | Comments (0)

Sunday, 02 March 2008

「ま」豆

08030201 毎日の暮らし、思いとはウラハラにそぅはならないことってありませんか。先日母親が炊いた五目豆。ご飯の前の「ちょっとだけ・・・」が止まりません。結局ご飯までに「ま」んでがん!?いただいていました。何だか豆全般は特についつい、はっ!!あぁぁぁぁぅ・・・っといった感じのことが多いように思います。小ささにうっかり気を許してしまうのでしょうか・・・。

まんでがん・・・すべて、全部を意味する讃岐弁。

| | Comments (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »