« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

Monday, 30 March 2009

同い歳

09033001 全然面識なんか無いのですが、同じだけ歳を重ねて、ステキに暮らす人は何かちょっと気になります、そんな一冊。月曜日ですが・・・。

「金曜日のパリ」雨宮塔子(著)小学館

| | Comments (0)

Sunday, 29 March 2009

絵は書けません・・・

09032902 ショートカットですが、クんルクルンの巻き毛ちゃん。おまけに目が、キんラキラの瞳です。そこまで描いてくれるんだったら、明日から頑張っちゃうよっ!!

今日の写真、犬の暮らしにはお絵描きが珍しかったようです、ガン見!?










<番外編>
09032903 イヌとは暮らせないマンション暮らしの小さな先輩。現在、生後1週間のカマラサウルスのさくらと同居中。いい子なので、ガン見なんかしません。

| | Comments (2)

映しましょう

09032901 新しい季節がやってくれば、あれこれ気になります。別にモーレツな自己陶酔型の人間でもありませんが、玄関の壁一面が姿見ってのに憧れます。自分の暮らしのアレコレが映るのは要りません・・・。

今日の写真、日頃よりご自宅壁一面の鏡で確認済み、鏡無くともひょいっとポーズ。犬も吃驚!? 「chassé!! chassé!!」

| | Comments (0)

Saturday, 28 March 2009

いつものとは違えて・・・

09032801 取引先の女子から新婚旅行のお土産をいただきました。「Cidre de Glace  ice cider」と記してあります。50mlって量から言って・・・呑まない感じです。とろぉりかけたりと言ったところでしょうか。いつもの暮らしの食にも、こぅ言ったちょっとしたエッセンスで新発見が出来そうです。
何とも愛らしいラベルから、お二人の愛もうかがえます。お幸せにっ!!

| | Comments (0)

Thursday, 26 March 2009

新しい匂い

09032601 春休みになり、進学や進級の匂いがプンプンします、いいモノです。通りを行き交う学生には、緩い空気とちょっとの緊張のようなもので溢れています。商店には、新しいアレコレを迎える準備で賑わっています。新旧諸々にお忙しい時期、一呼吸もお忘れなく・・・。

今日の写真、ちょっとした御遣いのお土産。お花一活けで、部屋や暮らしに新しい風、いぃねぇ!!

| | Comments (0)

Wednesday, 25 March 2009

ロケ

09032501_2 先日行った大阪で「高松行ったら、何美味しいモン食べに行けるのん?」っと聞かれ、迷わず「うどん」って・・・お約束です。
今日は、社長の先輩の饂飩屋「元祖わかめうどん大島屋」で、毎日放送のロケがあったようです。吉本興業の芸人さんも「さぬきうどん巡礼」ってオレンジの半被を着ていたようです。撮影ともなれば、美味しさをそのまま伝えるのにも、あれこれ道具や技で大変そうですね。もちろん店主の饂飩に対する情熱溢れた暮らしっぷりや心意気のようなものは、技も道具も使えませんっ!!残念ながら放送は関西ローカルのようです・・・。まぁ、放送見なくても、美味しさも心意気も生でどうぞ!!



<shop data>
元祖わかめうどん大島屋
高松市松縄町(「クラフトマンズファクトリー」から西へすぐ)
phone : 087-865-2524
open   : 11:00~売り切れまで 18:00~23:00
close  : 木曜日
あんな饂飩こんな饂飩叶えてくれる、ぅどんえもん(くるしいっ?)!?

| | Comments (2)

Saturday, 21 March 2009

練習

09032101 生まれ持った力のようなモノも、練習することによって自信もプラスされて、更に力以上のことになったり、結果になったり。高校生で、既に世界の舞台で活躍できるなんて、暮らしの殆どはやっぱり練習だったりなんでしょうね、いつまでもハニカんでなんていないです。自宅倉庫の一部にレンジを作って練習したいって言うお客さんの気持ちもわからなくはないです。

今日の写真、現行犯!?何の練習のつもりか、自分の枕をこんなことにしてしまうのですから、お布団屋さんの犬にはなれません・・・。ハカイ王子!?

| | Comments (2)

Thursday, 19 March 2009

ルール

09031901 「今年は事務所登録更新の年です、忘れないでね」って、葉書が届きました。まぁ、社長には1年前から「忘れるなょ」って言われてたので(意外と用心深い・・・!?)コレを出し忘れると勘当モノです・・・。あれこれ申請や届出ってありますが、こう言った色々な決まりの中で、世の中が滞りなく、安全に流れていることを再認識します。まぁ、そのルールの中で、感動や良い意味の裏切りのようなことで、より豊かなお家や暮らしにしたいですよね。
今日の写真、同じ80円のルールなら楽しいほうがいぃです。ジョーに社長はアガってますし、鬼太郎だってハイパーでもヒーローでもない、例の不気味なほうのです、いぃねぇ。

| | Comments (2)

Wednesday, 18 March 2009

料理

09031801 食べることにも作ることにも旺盛な人は、そこそこな人より生命力に溢れているように思います。暮らしの基本のようなことですから。
部屋の真ん中にシンプルな造りのキッチン(コンロやシンク)がドンっとあるって言うのも憧れます。

今日の写真、「寛大な心を持っても許されんっ!!」と社長にひと言。何となく「まぁ時期ですし・・・」と思い作れば、やっぱりそんな味・・・。黄粉大盛りでも誤魔化せません・・・。「丁寧に暮らしなさい」って、ご先祖からのお叱りが聞こえてきそうです・・・。

| | Comments (0)

Monday, 16 March 2009

礼賛

09031602_2 明日は彼岸入り・・・。日頃暮らしに流され、ついうっかり仕舞い忘れている大事なキモチを引っ張り出して、先人の功徳を敬い、讃えたいですね。今日まで見えなかったアレコレが清々しく見つけられるかもっ!!棚の中の牡丹餅とか・・・!?

今日の写真、「土筆無い?」の親友からの問合せ、ありました3本・・・。卵でとじとく!?

| | Comments (0)

Sunday, 15 March 2009

んぬっ、懐かしいけどはじめまして!!

09031501 手にしっくり馴染み何とも「懐かしい」感じがしますが、今日初めて手にしました。道具ひとつで住まい方、暮らし方の違いがあるように思います。自分にとっての上質な暮らしのために、道具も大事。大切に考えたいですね。

今日の写真、ステキな大人からの贈り物。「道具は人のてだすけになり、心がやすらぎ安心して使えるもの」と考える老舗野田琺瑯がカタチになったと言った感じですね。手にすれば、レクタングル(野田琺瑯の保存容器)を欲しがっていた親友のキモチもわかりました。

| | Comments (0)

Saturday, 14 March 2009

御呼ばれ

09031402 今夜は、社長と一緒にお客さんのお家に御呼ばれしてきました。何もなかったところに、お家ができ、ご家族があたたかく暮らし、そこにご一緒できたことには、深く感謝し、また本当に嬉しくも思います。これからもたくさんの暮らしにご一緒できるよう、研鑽を積み、邁進するのみ!!

今日の写真、社長生まれて初めての「Wii」。お客さんちの坊ちゃんより盛り上がってどぅする!?

| | Comments (0)

笑顔が消える!?

09031302_2 今夜の寝言は何だか不機嫌です・・・イヌ。
おそらく原因は、昼間遊んでいたストレス解消用のおもちゃの所為。小さな先輩から貰ったお八つが、中からコロリっと転がり出て来る筈が、ちっとも出て来なかったのです。ストレス解消どころか、この不満顔。どんどん、リアルおじさんです。このまま暮らしていけば、いつか社長が2人っ!?

| | Comments (2)

Friday, 13 March 2009

うまいっ・・・

09031201 昨日の楽しかったことを思い出しながら、神戸の姉!?が持たせてくれた手作りスコーンをいただきます。ドライフィグとピーカンナッツ(初めて聞きました・・・)が贅沢に使ってあるスコーンです。クロテッドもジャムも要りません。優しく甘い幸せの味と言ったところでしょうか。勿論、食べてすぐ、次会う時の予約をしておきました。
再会を「想い」ながら焼いてくれたって思うと、嬉しいですよね。ついつい暮らしに流されて忘れがちなキモチです・・・。本当は一番大事にしたいところですよね。勿論それに応える感謝の気持ちも。因みにこのスコーンは、キモチ差引いても今まで食べた一番だったように思います、本当ご馳走様でした!!



なおレシピは、アフタヌーンティー・スクールの元講師等をされていた先生直伝とのこと。その先生の教室の大人気っぷり、難しいこと抜きに頷けます。

| | Comments (2)

Thursday, 12 March 2009

いぃ味でてます・・・

090312005 器も実も!!
料理研究家の有元葉子氏プロデュースによる空間。 「素材にこだわり、ごくシンプルに・・・」がコンセプトなだけに、有元流のおいしい暮らしが楽しめます。オリーブの器はオイルさえ塗り込めば、店員女子曰く、「永遠です」だって。販売していたプレートもステキでした、勿論お値段も!?

<shop data>
「Olive Bar」
神戸市中央区前町1 NTT西日本新神戸ビル1F
phone : 078-392-9316

| | Comments (0)

わっ、すてき!!

090312003 地下街のない高松に育った暮らしの所為か、「さんちか」でさっぱり方向音痴っぷり発揮・・・。地上に出てきて生田ロードやトアロードの標識頼りに路地裏ふらふら。やっぱりステキな佇まい。3階はコンサバトリーで、カフェのようです。さらにここから大丸目指せば、欲しい帽子のお店にも立ち寄れます。

<shop data>
「francjour KOBE フランジュール神戸」
〒650-0021神戸市中央区三宮町2丁目5番6号2~3F
phone:078-325-2522
2階のshopで、お馴染み「COTE BASTIDE」の香りにうっとり、香り泥棒!?

| | Comments (0)

よしっ、いこう!!

数年ぶりの再会・・・。ドキドキすると言うものです。
あぁぁぁぁ、暮らしが変わっても笑顔も喋り方も、ちっとも変わっていません。まるで昨日「お疲れ様でしたっ」と別れたばかりでの再会のようでした。当時から、ご実家の巻き寿司を持って休みに遊びにきてくれたり、あちらこちらへ連れって行ってもらったり・・・。神戸の姉と言ったところでしょうか。そんな神戸の姉も、今月末にはご主人の赴任先のベトナムへ。まだまだアレコレ話足りません・・・。次の再会?よしっ、いきま~す!!

090312001 今日の写真、フランス人も吃驚!?美味しくて楽しい時間は、あっと言う間と言うもの・・・。

<shop data>
「accueillirアキュイール」
大阪市北区西天満4-1-20
phone /fax : 06-6311-2558
骨董街のステキなビルの1階でした。道の向こうには天神さんや繁昌亭が。

| | Comments (0)

Wednesday, 11 March 2009

えぃっと締めます・・・

09031101 1ヶ月に1回です、古紙回収・・・。雨でも降れば、次月持ち越しです。1ヶ月のストックともなればそこそこ嵩張りますし、回収場所まで持って行くのもまぁ、ひと仕事。でも、面倒ながらも古紙の束を紐でグググィっと締め束ねるのは、結構好きなのです。如何にかっちり、そして出来れば美しく(これはまだ・・・)。暮らしに溢れる、自分への小さな課題(大袈裟な・・・!?)のひとつです。回収場所でもぅ既に出された古紙が、紐から外れて端っこから崩れているのを見ると、ちょっと残念にすら思います・・・。
紐掛けカッチリ出来て一人前っ!!

| | Comments (0)

Sunday, 08 March 2009

夕暮れ

09030801 そろそろ春も薫り、夕暮れ時なんかには、慌しく道行くあれこれが気になる暮らしとなってきました。もちろん何処からと無く香る、お夕飯の匂いなんかも・・・。庭の小さなムスカリは気になりません・・・。お陰様で腰痛!?も治まり、庭先でぐだぐだしてます。ご心配いただきありがとうございました。

| | Comments (2)

Saturday, 07 March 2009

09030701 聴いてきました、世界をまたに掛け活躍する同年代の建築家、五十嵐淳氏の講演。専ら活動拠点は、自身が生まれ育った北海道って言うだけあり、「ローカルな必然性より生れる新しい普遍性について」と言うタイトルでした。そこにある“状態”が緒らしいのです、カタチを導き出す緒です。「それを必要としているのか」「それは美しいのか」ってことも。建築雑誌で見かける斬新な建築物や素材感からは、ちょっと意外な理論に、独りよがりでもない、お仕着せでもないシゴトがうかがえます。シゴトや暮らしのいぃ刺激、聴かせてもらえました。

| | Comments (0)

Thursday, 05 March 2009

やっぱり・・・

09030501 今夜もやっぱりしっくりきません・・・。昨日、ペンダント灯の電球が切れました。透かさず社長、「蛍光灯に替えといてぇ」。日頃から「暗い、クライっ」と言っていたので、この時とばかりに。あぁぁっ、でも何かこの照り方、明るさ違います。暮らしに漂う習慣といいますか、感覚的なことですが、何か違います。電球色とは言え、何ですか?この不具合感がものスゴイ圧力、負荷・・・ムリっ。明日やっぱり電球に戻そうっと。売り場に行けば、電球もやっぱりあるのだから、この圧力を感じる同志!?がいると言うことでしょっ!!社長「明るくなったやんっ」だって・・・。皆さんはありませんか、小さなそんなことっ?

| | Comments (0)

Sunday, 01 March 2009

盛り上がります

09022701 先日、数年前の旅で泊まった宿(シャンブルドットChambre d'hôte「寝室」と「オーナー」の意。所謂ベットアンドブレックファストBed and Breakfast、日本で言う民宿!?)が載った洋書を見せて貰い盛り上がりました。今日、自分の本にも載っているのを見つけて、更にひとり盛り上がりました。ちょっと薄暗いロビーにシンプルな一人掛け。低く取り付いたシャンデリア。その先に中庭に面したキッチンやダイニング。玄関のその先が開かれた間取りに憧れます。

French Style at Home」Flammarion
お馴染みのジャケ(表紙)買い。インテリア参考書と言うよりは、お宿紹介本でした・・・。お買い求めの際は、貸し出しますので、どうぞご覧になってから・・・。

| | Comments (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »