« 色メク暮らし | Main | 「好いもの観よう2015」 vol.2 »

Thursday, 30 April 2015

「好いもの観よう2015」 vol.1

今年のお題目のひとつに、「好いモノ観よう2015」。

容量や質感が大きく違っていても、空間や時間を包む在り様や品格の基本は同じはず。
そんなこんなで、ジトジト観てきました。

まずは、上野編。

同じみのル・コルビュジエ氏設計、国立西洋美術館。
光にうっとりしていたら休憩紳士とカメラ越しに目が合うの巻、くれぐれも誤解の無いように・・・。
Img_1618_2




正統派谷口吉生氏設計、東京国立博物館法隆寺宝物館。
シュッとしているのにトンガってない静寂は、猪熊美術館や東山美術館共通ですね。
Img_1623




素材感重視の陶器二三雄氏設計、森鴎外記念館。
職方の姿が見えてきそうな手仕事っぷりには、俄然ヨワい!!
Img_1628




ピン角ココに在り安藤忠雄氏設計、東京大学福武ホール。
軒先鼻先にゾクゾクします。
Img_1631




ほぼ徒歩、日曜午後の建築巡礼コースでした。
途中、谷中霊園や根津神社に迷い込んだりしながらも展示作品ほぼ観賞なし、初志貫徹!?
そんなでしたがホント、何処も幸せの包まれ感どっぷりでした。
好いモノ、観たぁぁぁーーーーっ!!

|

« 色メク暮らし | Main | 「好いもの観よう2015」 vol.2 »